願うは自由。夫の夢。

「君と2人でハワイのラニカイビーチでのんびりしたいな」 

 

 

こんにちは。新井ゆりです。

ある晩、夫が私にこう話してくれました。 

 

去年のこの時期に、
生後半年の子どもと一緒に家族3人でハワイ旅行しましたが

(当時はマイル集めにハマり大人2人分の航空券は
全てマイルで発券しました。マイル集めはただ今お休み中)

当時の子どもはまだ授乳中で離乳食始まったばかりでした。 

透き通るラニカイビーチでの滞在時間は5分で

(往復1時間かかって海外で初運転。気づけば対向車線走ってて冷や汗書いたけど笑)

ほとんど入れず眺めるだけ。

でも、子どもがいたから得られたとても貴重な経験もあるから良い思い出。
これも一つの幸せのカタチ。 

乳児の子どもを預けて夫婦でハワイ旅行は
あまり聞かないけど、

周りがどう思うかは一旦置いておいて、
願うのは自由だから、時間かかっても夫の想いは叶えたいですね。

他人にどう思われるか(他人軸)よりも、
自分がどう思うか(自分軸)が大事。

まあ今すぐハワイには行けないけど、

年末に夫実家近くの居酒屋に2人で夜飲みに行こうと決めました。 

 

夜2人で居酒屋に行くことも小さな夢だったので。

夢は大きく願って、小さいところから行動、です。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。